プロフィール
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所の代表、田中です。日比谷のオフィスを拠点に、起業家、経営者に対し、濃密な支援を行っています。いつでもお気軽にコンタクトしてください。              ※詳しい経歴は、カテゴリ(左バー)の「My Profile & 会社概要」をご覧ください。
アクセスカウンタ

2011年01月26日

◆「林原」破たん~社会機関としての事業体マネジメントを考える

◆「林原」破たん~社会機関としての事業体マネジメントを考える


※多彩な事業展開で知られる林原グループ.おそらく当事者である従業員にも、なぜグループが現在のような事業構成になっているかを、社会貢献との関連から簡潔かつ明りょうに語れる人はいなかったのではないか?


             ●          ●          ●


 本日はいきなりコラムに参りましょう。

 トレハロースの開発・製造や「研究開発に目的は必要ない」などの“ユニーク”な経営観で知られる岡山のバイオ関連企業「林原グル-プ」の企業4社が、1000億円の負債を抱えて、事業再生ADR(私的整理の一種)を関連機関に申請していることが明らかになりました。


○記事詳細/毎日新聞:
 『林原:私的整理を申請 負債1000億円、多角化が経営圧迫』
 (毎日新聞 1月26日(水)2時30分配信)


同社は食品バイオの研究からはじまって、美術館の経営、恐竜の化石発掘、チンパンジー(類人猿)の研究、レストラン・ホテルの経営など多彩な事業展開を行っています。そのユニークさで、一時期は、テレビ東京の『カンブリア宮殿』やNHKの教育テレビの題材、研究者による書籍などで盛んに取り上げられていた企業です。

特に、組織づくりや経営観に関しては独特のものがありました。まるで時代に逆行するかのごとく、組織を同族や縁故採用、地元採用で固め、顧客のニーズを考えない、常にオンリー・ワンをめざす、などの方針を打ち出していました。

そんな同社ですが、私が何よりも気になったのは、冒頭にある、最高経営責任者である林原健社長が「研究開発に目的は必要ない」という言葉を、あたかも社是のように発していた、ということです。

もちろん、社員の自由な発想を促すため、過度な利益責任やプレッシャーから解き放つ環境をつくることは重要です。実際にそれが、斬新なアイデアの呼び水となることに異論はありません。

しかし、これを、あたかも社会機関の一部である会社のあり方、あるいは事業経営のやり方のように発信し、現実の事業体にまで、目的や脈絡がわかりにくい事業展開をやらせてしまってはいけません。

やはり、会社という「社会の生態系の中に生きる機関」は、何らかの形で社会に貢献することでしか生かされないという根本的な原理を忘れてはならないのです。

 ドラッカーは特に晩年、(林原のような)知識労働者を擁する会社のあり方を、よくオーケストラに例えていました。

それは「会社という機関は、個人の可能性や強みを存分に引き出し、それを美しいハーモニーになるように組み合わせ、社会に向けてわかりやすく発信していく重要な機能を担っている」という主張です。

これにそって考えれば、おそらく林原氏は、個人に対するマネジメント方法と、社会機関としての組織をマネジメントする方法を混同しているところがあり、それを開発体制のみならず、事業展開のスタイルにまで波及させてしまった部分があったのではないでしょうか。

したがって、財務リストラにとどまらない、根本的な経営の再建をめざすのであれば、このあたりをもう一度きちんと整理し、改めて「社会への貢献」に焦点を当てながら、いま抱えている資源、資産を最大限に生かすための組織や事業グループのあり方、あるいはマネジメント体制のあり方を考えてみる必要があります。

「目的は組織の外にある」とは、これもドラッカーの言葉ですが、目的や存在意義を社会の中に見出せない企業は生き続けることはできないのです。

林原グループには、この不変の原理から目をそらさずに、しっかりと再建の道を歩んでいってほしいと思います。



○記事詳細/毎日新聞:
 『林原:私的整理を申請 負債1000億円、多角化が経営圧迫』
 (毎日新聞 1月26日(水)2時30分配信)


◆PRのコーナー:
 2011年5月、淑徳大学サテライトキャンパスにて、『第一線の実務家と考えよう!ドラッカーに学ぶ新型知識労働者の姿』を開催します。詳しくは下記をご覧ください。

 ○「ドラッカー講座PRチラシ ダウンロードのページ」
 http://jtmt-office.jimdo.com/資料のダウンロード/



◇ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所◇
 http://www.jtm-tanaka.com/
 〒105-0003
 東京都港区西新橋1-2-9日比谷セントラルビル14階
 TEL:03-3975-8171  FAX:03-3975-8171

この記事の一部またはすべての転載を固くお断りいたします。
Copyright (C) 2011 Kiyoshi Tanaka All Rights Reserved
◆◆◆



同じカテゴリー(使える戦略理論を考える)の記事
Posted by ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所 at 14:23│Comments(0)使える戦略理論を考える
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。