プロフィール
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所の代表、田中です。日比谷のオフィスを拠点に、起業家、経営者に対し、濃密な支援を行っています。いつでもお気軽にコンタクトしてください。              ※詳しい経歴は、カテゴリ(左バー)の「My Profile & 会社概要」をご覧ください。
アクセスカウンタ

2010年08月30日

●つれづれ日記: 親子二代をドラッカー教授がつなぐ?

●つれづれ日記: 親子二代をドラッカー教授がつなぐ?


※先日、20数万部が発行されている、あんしん財団情報誌「あんしんLife」さんの取材を受けました。これについてのご報告はまた後日。



    ●                 ●                 ●

 
 上の写真で私が持っている本は「ドラッカー経営哲学」(当時の定価で230円!)といって、1959年に、野田一夫さんの監訳で、日本事務能率協会から刊行されたものです。

つい先日、父から譲り受けました。

銀行員だった両親の仲人をしていただいた当時の副頭取が、熱烈なドラッカーの信奉者だったそうで、その方から、結婚する直前にこの本をプレゼントされ、以来、40数年間、大切に保管してきたということです。

今年の夏休みに、久しぶりに会いに行ったとき、私がドラッカー学会の要職に就いたことを聞いて、父が、書庫から引っ張り出してきたのです。

ここ数年、私の方が仕事に忙殺され、会いに行く機会がなかなか得られず、ドラッカー学会の仕事も含めて近況をきちんと報告していなかったので、両親がドラッカーに、このような形で縁があったことを、今回、初めて知りました。


 当時からドラッカーはかなり人気があり、父も若いころには、彼の書籍を読み込んだ時期があったようで、父いわく「魂が込められた理論」というものに初めて触れた気がしたそうです。また、当時の同僚の中には、実際に彼のセミナーに出かけた人も何人かいらしたとのことです。

しばし、当時の様子や現在のドラッカー学会についての話題に花が咲きました。


 今回の出来事は、コミュニケーションが希薄になりがちだった私たち親子の関係を、40数年の時を経たドラッカー教授のこの本がふたたび繋いでくれた、ということになるのでしょうか。

そう考えると、とても感慨深いものがあります。




◎書籍データ:
 『ドラッカー経営哲学』 野田一夫監修、日本事務能率協会編 1959年11月刊 定価230円(当時)



■ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所■
 http://www.jtm-tanaka.com/
 〒105-0003
 東京都港区西新橋1-2-9日比谷セントラルビル14階
 TEL:03-3975-8171  FAX:03-3975-8171


この記事の一部またはすべての無断転載を固くお断りいたします。
Copyright (C) 2010 Kiyoshi Tanaka All Rights Reserved
◆◆◆


同じカテゴリー(戦略請負人のつれづれ日記)の記事
Posted by ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所 at 18:07│Comments(0)戦略請負人のつれづれ日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。