プロフィール
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所の代表、田中です。日比谷のオフィスを拠点に、起業家、経営者に対し、濃密な支援を行っています。いつでもお気軽にコンタクトしてください。              ※詳しい経歴は、カテゴリ(左バー)の「My Profile & 会社概要」をご覧ください。
アクセスカウンタ

2010年07月08日

◆私の事業再生はリストラなどの手法とは無縁である【三枝 匡】

◆私の事業再生はリストラなどの手法とは無縁である【三枝 匡】


◆気になるひとこと◆



「私の事業再生は、リストラや事業売却のような、いわゆる切った張ったの手法とは無縁である」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三枝 匡 『日本の経営を創る』・・・・・・・・・・・




◆コメント◆

 ターンアラウンド・スペシャリストという肩書を日本で最初に名乗ったとされる三枝匡(さえぐさただし:現ミスミ会長)氏のひとことです。

このことばからも伺えるように、事業再生人あるいはターンアラウンド・スペシャリストというと、リストラや資産売却など、主に財務や資産の整理といった面から会社を建て直す人の呼称だと思っている人が意外に多いようです。

しかし、改めて彼の表現を借りて説明すると、

●「真の事業再生人は、いわば社長や経営陣と全く同じ立場でビジョンや戦略、目標を立て、従業員とともに責任とリスクを共有しながらそれらの実現を目指す」

といった姿勢で行うのが本来のあるべき姿だと思います。


 ちなみに、ここ何年かで耳にするようになったことですが、「ターンアラウンド・マネージャー(TAM)養成コース」のような講習会を受講しただけの事業経営の経験がない人が、企業再生スペシャリストと称して中小企業などの再建にあたることがあるようです。

(さすがに中堅・大手企業などではほとんど見当たりませんけどね)

ですが、あまり芳しくない成果を見るにつけ、そうしたレベルで経営の責任者を引き受けてしまう考え方の根底にあるものは何なのか、と考えてしまいます。


 でも他の人の事ばかりを言えません。かつて私も、大手企業再生機関や米国系ファンドなどと組んで仕事を行っていたとき、当時世間を騒がせていた、いわゆるハゲタカ・ファンドの一派と一緒にされ、一部のマスコミや団体などから「リストラ屋」とか「米国資本の手先」などといわれのない中傷を受けたこともありました。

この原因の一つとして、三枝氏や(僭越ながら)私のように、事業会社の経営経験があり、なおかつ戦略コンサルティング・ファームなどにおける多くのプロジェクト経験をあわせ持つプロ経営者の実態が、一般にイメージされるものとはかなり違っているからだと思うのです。

実は、こうした事業経営畑出身の専門家が再生案件を手がける場合、たとえば、成功の基準として、EVA、粗利、営業利益といった複数の利益ベースで、バランスよく継続的に黒字を出せるビジネス構造にまでもっていくことを目指します。

その過程で、たとえばマーケティング・プランの成功や技術開発が活発に行われるようになったか、常にQCDが考慮される体質へと転換しているか、社員の意識改革が成され生産性が向上したか等々、(リストラや事業売却よりも)前向きな成果を多面的に測定しながら再生を図っていくほうにはるかに力を注ぐのです。

別言すると、事業の強さを取り戻させるためのきわめて泥臭い戦いに、真正面から挑んでいくことが仕事であるといえるでしょう。


 TAMなどの呼び方はどうあれ、事業経営のプロフェッショナルを標榜するのであれば、当該企業の経営陣や従業員と、価値観や方向性はもちろん、できるだけ「責任やリスクも共有」すべきでしょう。そのうえで「お客さまと社会への貢献」という目標に向かって、がっちりとスクラムを組んで歩む、といった姿勢を持つことが本来のあるべき姿だと思うのですがいかがでしょう?



■ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所■
 http://www.jtm-tanaka.com/
 〒105-0003
 東京都港区西新橋1-2-9日比谷セントラルビル14階
 TEL:03-3975-8171  FAX:03-3975-8171


この記事の一部またはすべての無断転載を固くお断りします。
Copyright (C) 2010 Kiyoshi Tanaka All Rights Reserved
◆◆◆


同じカテゴリー(気になるひとこと・フレーズ)の記事
Posted by ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所 at 08:25│Comments(0)気になるひとこと・フレーズ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。