プロフィール
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所
ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所の代表、田中です。日比谷のオフィスを拠点に、起業家、経営者に対し、濃密な支援を行っています。いつでもお気軽にコンタクトしてください。              ※詳しい経歴は、カテゴリ(左バー)の「My Profile & 会社概要」をご覧ください。
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ

2010年10月16日

◆おのみち~出張帰りに散策してきました




※尾道の千光寺公園付近から、尾道水道をはさんで対岸の向島(むかいしま)を望む。向島は、現在放送中のNHK連続テレビ小説「てっぱん」の主人公が育った島で、その父親が営む鉄工所は、手前の緑の木々の向こう側付近にあるという設定になっていると思います。


                    ●        ●        ●


『年金7億件照合、前途多難…作業始まる』

---年金記録問題の対策の柱となる、コンピューター上の記録と過去の紙台帳記録との照合作業が12日、始まった---(2010年10月13日読売新聞)


 10月12日から、年金記録問題の対策の柱となる、コンピューター上の記録と過去の紙台帳記録との照合作業が開始されたそうです。しかし、早くも、その成果を疑問視する声があがっています。

民主党には過去、「4年で全件照合」を事実上反古にした“前科”があるし、こうまで実務能力の無さを見せつけられると、懐疑的な声があがるのも当然かもしれません。

ですが、処理業務が中心となるこの種のプロジェクトは、作業の分解と工数見積もり、リソースの配分や日程化など計画化の難易度は高くないのが一般的です。

ゆえに、少なくとも、照合作業の領域を、該当者不明分の調査など計画化が難しい部分から分離して、プロジェクトとしてきちんと設計し、その内容を公開すると同時に、プロジェクトマネジメントの専門家にチェックを受けるなどの改善措置をとるべきではないでしょうか?

民主党には、特に、実務レベルでカッチリと計画を立て物事を着実に遂行する、といった姿勢を強く望みたいと思います。


◆年金7億件照合、前途多難…作業始まる(読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101013-OYT1T00141.htm


*******


 瀬戸内海に面した某企業の化学コンビナートへの出張の帰り、少し足をのばして尾道を散策してきました。

実は、祖父母が、(冒頭の写真で触れた)対岸の向島に住んでいたので、幼少の頃から、尾道へは何度も来ています。にもかかわらず、いつも街全体の時間がゆっくりと流れているような感じがして、毎回とてもリラックスできます。


※尾道水道をのんびりと航行するフェリー。地元の人たちの通勤、通学の足となっています。
 NHK連続テレビ小説「てっぱん」の主人公や家族が乗船しているシーンも頻繁に見られます。



※尾道商店街にある、廃業したお風呂屋さんを改造した(そのまんま使っている?)大衆食堂。
 こんなお店が他にもいくつかあります。あと、魚のダシがおいしい尾道ラーメンは本当におすすめです。


ちなみにここに載せた風景のいくつかは、現在放送されているNHKの朝の連続テレビ小説「てっぱん」にも出てきます。尾道が舞台のひとつになっているということで、数十年ぶりにこの時間枠のドラマを見ていますが、これが意外(?)におもしろいんですよね。

話のテンポがいいし、主人公の女の子の元気と明るさ、実直さがとてもいい。それに、一話が15分なので負担にもなりません。

でも、よく考えると、ここ十数年はニュースと映画を見るくらいで、あとはほとんどテレビを見ないので、単にこの種のドラマに免疫がないだけなのかも知れませんね。


※かなり古そうですが、何のお地蔵様なんでしょう?地下水をくみ上げるポンプも
 相当に年季が入っているようですが、いまだに現役とのことです。


※尾道の駅前商店街近くの路地裏。昭和の匂いが色濃く残る風景があちこちに見られます。
 尾道出身の映画監督、大林宣彦さんは、こうした風景を「地域に刻まれたシワ」だとして、
 大切にしていくべきだとおっしゃられています。


※右のカゴは、人気商品(らしい)はっさくゼリー。向島から数えてひとつ沖合にある因島は
 八朔(はっさく)発祥の地といわれています。他にも国産レモン発祥の地である生口島があるなど、
 瀬戸大橋の尾道-今治ルートに連なる芸予諸島は、柑橘類の一大産地としても知られています。


※少し汗ばむほどの陽気で、本当にいい天気でした。
 尾道水道の突堤(「てっぱん」の主人公が海に飛び込んだ場所)から尾道大橋方面を望む。



■ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所■
 http://www.jtm-tanaka.com/
 〒105-0003
 東京都港区西新橋1-2-9日比谷セントラルビル14階
 TEL:03-3975-8171  FAX:03-3975-8171


この記事の一部またはすべての転載を固くお断りいたします。
Copyright (C) 2010 Kiyoshi Tanaka All Rights Reserved
◆◆◆

  

Posted by ジェイ・ティー・マネジメント田中事務所 at 05:56Comments(0)ちょっとひと息